AmazonでVISAカード使用不可に、決済手数料が高いとして



日本も決して他人事では済まなそうです。詳細は以下から。

AmazonがイギリスでVISAカードでの支払いを2022年1月19日から停止することを明らかにしました。理由はVISAカードの決済手数料が高いためとのことで、該当する顧客に支払方法変更を呼びかけています。

取り扱いが停止されるのはイギリス国内発行のVISAクレジットカードのみで、VISAデビットカードは引き続き利用可能。VISA以外のクレジットカードやデビットカードには影響はありません。

Amazon広報担当者は「最高の価格を顧客に提供しようと努力している企業にとって、カード決済のコストは障害であり続けている。技術の進歩につれて下がるべきなのに高止まりし、上がってさえいる」とVISAを非難。

VISAの広報担当者は「アマゾンが顧客の選択肢を制限しようとしていることに非常に失望している。誰の得にもならない」とし、見直しを求めています。

Amazonは本件に絡み、速く安く包摂的な支払い手段の追加に取り組むとしており、現在クレジットカードが主な手段となっている決済方法自体や、手数料の水準にも影響してくる可能性もあります。

その過程で各国で高い手数料を理由としたカードの使用停止が発生する可能性もあり、日本としても他人事では済まなそうです。

・関連記事
「まどマギ」クレカ、リボ払い専用を巧妙に隠し「完全にキュゥべえ」と物議に | Your News Online

ヨドバシが全国翌日配送でAmazon対抗へ、ネット販売比率も50%まで拡大 | Your News Online

Amazon「星1つ」やらせ投稿に異例の刑事罰、しかし訴訟には大きな困難も | Your News Online

ヤマト運輸がAmazonの当日配送撤退、ネットでは理解と賞賛の声 | Your News Online