サウナ問題の元維新・池田市長が辞職意向→「不信任案可決なら解散・ダブル選挙」で自身も出馬へ



サウナ持ち込み問題という不祥事を起こして辞職するはずの池田市長ですが、議会が不信任決議案を出したら議会を解散し、自身も立候補してダブル選挙を戦うとのことです。詳細は以下から。

◆市長「けじめで辞める、でも8月まではやる」
私物の家庭用サウナをはじめとした多くの私物を市役所内に持ち込んで使用していた問題を受け、元維新の会所属の大阪府池田市、冨田裕樹市長が辞職する意向を固めました。

辞職理由は「一連の問題で世間をお騒がせし、混乱させたことにけじめと責任をとるため」とのこと。

ですが「いま辞職して選挙になり、高齢者を危険にさらすことは避けたい。8月中には必ず高齢者のワクチン接種を終了させなくてはならない。そのめどが立てば、けじめとして辞める」と語り、即辞職はしないとしています。


◆百条委は「不信任決議相当」
ただしこの問題では市議会調査特別委員会(百条委員会)が設置され、市長にも尋問を行った上で、今月報告書案が出されました。

そこではサウナ持ち込みを「市長としてあるまじき行為」としたほか、市職員への大声での叱責や使用済みタオルを洗わせるなどのパワハラ行為も認定

また昨夏の休暇時に「淡路島に帰省した」と議会で答弁しながら実はバイクで九州旅行していたこと、自宅との往復に公務用タクシーチケットを使っていたこと、市役所駐車場の定期券を個人事務所に置き後援者に使わせていたことも判明。


百条委は「不信任決議が相当」とする調査報告書案を可決した上、百条委で虚偽証言したとして地方自治法違反での告発相当とも記されました。

市議会は27日に冨田市長への不信任決議案を採決する予定。可決されれば冨田市長は10日以内に議会を解散しないと失職しますが、全22議員の3/4以上が賛成する見込みとなっています。

◆議会解散を「人質」に不信任決議をけん制
冨田氏は上記の理由から「議会には『選挙にならないように配慮願いたい』と打診しようと思う」とし、不信任案可決を回避したい考えを示しましたが、提示した解決策は驚くべきものでした。

産経新聞によると、可決されたら議会を解散し、自らも辞職して市長選に立候補する「ダブル選挙」に持ち込むつもりとのこと。そうなれば人の流れはさらに増加し、ワクチン未接種の高齢者をより大きな危険にさらすことになりますが、池田市民の理解を得られるのでしょうか。

・関連記事
「偽造署名に深く関与」で元維新・山田市議が辞職、田中事務局長の偽造指示も明言 | Your News Online

維新「ファクトチェッカー」またも一般人を晒し上げ、今度は言ってもいない言葉で印象操作し攻撃 | Your News Online

維新の会「公式ファクトチェッカー」1発目から一般人のツイートを「晒し上げ」てしまう | Your News Online

部落差別発言の長谷川豊が参院比例出馬を辞退、「差別発言は反維新によるデマ」「謝罪文は場を収めるため維新・馬場幹事長が作成」などと説明 | Your News Online