DHCが吉田嘉明会長のヘイト文章を全削除、謝罪や釈明はなし



火の玉ストレートなヘイトスピーチ特盛りのDHC吉田会長の文章が全削除されました。詳細は以下から。

化粧品・サプリメント大手DHCの吉田嘉明会長が以前から自社公式サイトに掲載していた、コリアン系の人々へのヘイトむき出しのステートメント(魚拓)がすべて削除されました。


この文章で吉田会長とDHCは大炎上し、今年5月6日には高知県南国市が文章を「不適切」とし、DHCと結んでいた包括連携協定を解消するに至りました。千葉県横芝光町も24日になって「差別的で容認できず」としてDHCとの連携協定を解約を決定し、DHC離れの加速が明確に。

また自治体に留まらず、5月31日にはDHCの取引先7社が「遺憾の意」を伝えるなど対応したことが報じられていました。

なお、当該ページにはヤケクソくじの配布を終了した旨のみが記載され、会長の文章の削除理由の説明、ヘイトスピーチへの釈明や謝罪などは掲載されていません。

・関連記事
【閲覧注意】「マスコミも立憲民主党も経団連もコリアン系」DHC吉田嘉明会長がさらに一線を超えた新文章を公開 | Your News Online

「NHKは日本の朝鮮化の元凶」「NHKはほとんどコリアン系」「NHKは日本の敵」DHC吉田嘉明会長のステートメントが大変なことに | Your News Online

自分の差別を正当化したい人が使う典型的な論法「I have black friends」とは? | Your News Online

「サントリーCM起用タレントはほぼコリアン系日本人」「ネットではチョントリーと」DHC吉田嘉明会長のステートメントが炎上→今回だけではありませんでした | Your News Online

DHCテレビ「ニュース女子」3月で終了、沖縄基地問題のデマと誹謗中傷でBPO案件にも | Your News Online

BPO「ニュース女子」は人種差別と人権侵害と認定、DHCテレビジョンは番組継続の意向 | Your News Online

「〇〇人は殺せ」「ゴキブリ」「〇〇人は祖国へ帰れ」法務省がヘイトスピーチの典型例を提示 | Your News Online