天下一品、こってりを超える究極の「超こってり」限定発売へ、1日先着5食で争奪戦不可避に



全国の濃厚民族に創業50周年を迎えた天下一品から極上のプレゼントです。

しかしその希少さからラヲタたちの熾烈なバトルが避けられなさそう。詳細は以下から。

創業50周年を迎えた京都は北白川発、「こってり」ラーメンで全国に名をとどろかすあの天下一品のプレスリリースによると、2022年2月1日(火)から2月28日(月)までの1か月間の期間限定で、こってりの頂点を超えた「超こってり」を店舗ごとに1日先着5名限定で提供するそうです。


これは利用者からの「もっと濃い“こってり”が食べてみたい」「“こってり”をさらに超えるスープは食べられないのか」との声に対する天一の満を持してのアンサーラーメン。

超こってりは鶏がらを贅沢に使用し、時間と手間を惜しまずにじっくり煮込み、仕上げには刻み玉ねぎをプラス。さらに煮込んで旨味を引き出した究極のスープとなります。


ただし不思議なことに京都北白川の「天下一品総本店」では取り扱われず、その一方で2022年1月22日(土)から東京の「天下一品中野店」で先行販売されるとのこと。京都のラヲタたちの怒りの声が響き渡りそうですが…。

また価格は1200円~とされており、地域によって変動するとのこと。また1人1杯限定で持ち帰りも不可、割引券やクーポンなども利用できないなど、挑む際にはもろもろ注意が必要です。

天一ファンはもちろん、濃厚スープを求める濃厚民族ならば一度は体験したい一品となりそうですが、果たして先着5食にたどり着けるのかなどハードルは高そう。

極寒の2月の冬空の下、ポールゲットを狙い早朝から天一に並ぶラヲタたちの姿が今から想像できるようです。

・関連記事
天下一品の公式アプリ登場へ、今年の「天下一品祭り」参加には必須に | Buzzap!

天下一品「レンチンラーメン」さっそく食べてみたら、ガチな「こってり」さと驚きの手軽さでした | Buzzap!

天下一品「味噌ラーメン」を総本店でさっそく食らってきました | Buzzap!