新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存



医療大麻が現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスに対抗する助けになる可能性が示されています。詳細は以下から。

アメリカ合衆国のサウスカロライナ大学のAmira Mohammed博士らの研究チームは、新型コロナの大きな死亡原因とされる「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」に大麻の有効成分である「THC」を用いる動物実験を行い、100%のケースで効果が確認されたことをジャーナルFrontiers In Pharmacologyに報告しています。

急性呼吸窮迫症候群は重症肺炎、敗血症などの原因によって肺で炎症性細胞が活性化されることにより、肺胞や毛細血管に損害を与え、肺に水が溜まって重度の呼吸不全が引き起こされる、極めて重く危険な症状の総称です。

新型コロナウイルスによる肺炎が原因でこの急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が引き起こされることはすでに知られていますが、その肺炎の発症時に起こるのが神経伝達物質サイトカインの放出です。

サイトカインは細胞から分泌される低分子のタンパク質の総称ですが、この中で免疫の働きを高めるものが「暴走」し、正常な細胞を攻撃して、炎症が広がって重篤化したり血栓症を引き起こす状況をサイトカインストーム(免疫暴走)と呼びます。

新型コロナの感染症においてはこのサイトカインストームが肺炎を重篤化させて急性呼吸窮迫症候群のトリガーとなり、最悪の場合は死に至ることになります。

大麻に含まれる、ハイになることでも知られる有効成分「THC」は、医療大麻の研究の中で抗炎症性物質として機能することがすでに広く知られています。

Mohammed博士らはTHCが肺の炎症を食い止める可能性があるのではないかとの仮説を立て、急性呼吸窮迫症候群を発症したマウスに投与しました。

するとTHCがサイトカインストームに対して炎症性サイトカインを強く抑制。免疫細胞が炎症を拡散させるのを抑え込んで致命的な症状を防ぐことができ、100%のマウスが生存しました。

現時点ではあくまで動物実験での成果という段階ですが、重症化を防ぐという意味でワクチンとは違ったアプローチでの新型コロナへの治療薬としての活躍が期待できそうです。

・関連記事
医療大麻8兆円市場へ、世界全体で今後3.5倍以上に拡大 | Your News Online

大麻から抽出される「CBD」に1滴で脳の血流を増大させる効果、記憶力の強化も | Your News Online

「大麻は酒と同じ扱いとする」Amazonが方針転換、大麻合法化も呼びかけ | Your News Online