警官が採尿前の飲料に覚醒剤混入、勾留中の被告に現金も渡す→不正捜査で無罪判決



先進国の警察とは思えない無茶苦茶な話になっています。詳細は以下から。

覚醒剤取締法違反の罪に問われた男性被告の判決で、名古屋地裁が3月19日採尿前に警察官が、被告に提供した飲料に覚醒剤を混入させた疑いを排除できないと無罪を言い渡しました。

これが正しければ、逮捕されて取り調べ中の被告の尿を取る前に覚醒剤を混入させ、使用の証拠を捏造したことになります。

また道裁判長は、警察官が逮捕後に勾留中の被告へ現金を渡していたことも認めて「捜査が不正に行われた疑いを強く推認させる」としています。

前者だけであれば警察官による犯罪の捏造ということになりますが、両方を合わせると警察と被告の間で裏取引が行われた可能性も出てきて非常にきな臭いことに。

警察官が所属する愛知県警は「判決文を精査しておらず、コメントは差し控える」としていますが、警察の信頼性を根本から揺るがす事件と言えそうです。

・関連記事
「無実の女性を殺人罪で12年服役させたけど捜査は問題なし」滋賀県と国が冤罪事件の損害賠償請求で争う構え | Your News Online

大阪府警警官ら5人による「目隠しして手を縛っての集団強姦事件」の不起訴処分を不当として被害女性が検審申し立て | Your News Online

大津いじめ自殺で仰天判決「自らの意思で自殺し、両親も精神的に支えられなかったので過失相殺」として賠償額10分の1に | Your News Online

大阪府警が8万件の犯罪隠し、「ワースト1位返上」撤回で街頭犯罪は13年連続全国最悪に | Your News Online

「いじめ回避のために小学生が150万円おごらされるのはいじめではない」横浜市教委の岡田優子教育長が明言 | Your News Online