「電動キックボード」時速15km以下モデルは免許不要へ、ヘルメットも義務から「着用推進」に



電動キックボードが一部免許不要となり、私たちの生活にさらに身近なものになりそうです。詳細は以下から。

警察庁の有識者委員会が4月15日、電動キックボードや自動配送ロボットなどの「次世代モビリティー」の法的位置づけや規制緩和を盛り込んだ中間報告をまとめました。


その中で「次世代モビリティー」を走行時の最高速度に応じて以下の3つに分類。

1.時速6km程度までの歩道通行車
2.時速15km以下で車道や自転車専用レーンを走れる小型低速車
3.時速15km超で車道のみ走行が認められる原動機付き自転車など


中間報告の案では電動キックボードも時速15km以下制限モデルであれば、自転車と同様に免許不要で路側帯や自転車専用レーンを走行できるようになります。

なおヘルメットについては義務化は明示せず「自転車と同様に着用促進を図ることが適当」としており、検討継続となっています。


また児童や幼児の運転は危険として「16歳程度に達していなければならないとするのが適当」とされました。

現在電動キックボードはいわゆる「原付」と同じ区分で、走行は車道のみで要免許・ヘルメットとなっています。すでに欧米では手軽な移動手段として普及が進んでいますが、日本でどこまで身近になれるでしょうか。

・関連記事
セグウェイが生産終了、21世紀の夢の乗り物は不発のまま消滅へ | Your News Online

100年前の「バイクチャリオットレース」の異様なまでのマッド・マックス感に震える | Your News Online

日本発、ノートPCのように持ち運べるクルマ「Walk Car(ウォーカー)」発売へ | Your News Online

「ハウルの動く城」そっくりのキャンピングカーが建造されてしまう、2階建てで寝室は3つ | Your News Online

フォルクスワーゲンの「ビートル」から作られたミニバイクが最高にかわいいことに | Your News Online

【動画】ドバイ警察、2020年にホバーバイクを導入へ | Your News Online