「さざ波」「笑笑」「屁」で炎上の高橋洋一内閣官房参与が退職



ツイートで職を失うという、自身にとってはさざ波どころではない影響となってしまいました。詳細は以下から。

◆「さざ波」「笑笑」「屁」ツイートの高橋洋一内閣官房参与が退職
政府が5月24日、「さざ波」「笑笑」「屁みたいなもの」などの暴言で大きな批判を浴びていた高橋洋一内閣官房参与が同日付で退職したことを発表しました。

加藤勝信官房長官は同日に高橋氏から辞職の申し出があったとしています。

高橋氏は5月9日、自身のツイッターで各国の新型コロナ感染者数のグラフを掲載し「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と嘲笑して大炎上。菅首相も「発言については、非常に残念だ」としていました。

高橋氏は首相には謝罪したものの、発言内容については言い訳を繰り返し、21日には「日本の緊急事態宣言といっても、欧米から見れば、戒厳令でもなく『屁みたいな』ものでないのかな」と発言し再び炎上。

今度は菅政権の政策をコケにしたともとれる内容で、立憲民主党からは「自分たちがやっている緊急事態宣言について軽々しく思うような人を側近として政策アドバイザーに置いておく菅総理大臣の感覚を疑う」と任命権者の政府への批判も。

高橋氏は今日になって発言を撤回し謝罪していましたが、それだけでは足りずにお役御免となってしまったようです。


◆高橋洋一ってどんな人?
高橋氏は東大卒で大蔵省(現:財務省)に入省。2001年発足の小泉内閣で経済財政政策担当大臣となった竹中平蔵の補佐官を務めました。続く第一次安倍内閣では公募による首相官邸政策スタッフに内閣参事官として就任しています。

退官後は東洋大学教授に就任しましたが、2009年に東京の温泉施設の更衣室ロッカーから他人所有のブルガリの腕時計、財布など約30万円相当を盗んだ現行犯で事情聴取された窃盗事件で知られています。

検察は書類送検後、犯行を認めて反省し、被害品が返却されて勤務先の東洋大学を免職されて社会的制裁を受けたとし、起訴猶予にしています。

その後2012年には橋下徹大阪市長(当時)の特別顧問に就任しています。

・関連記事
高橋洋一氏「ついにあなたの賃金上昇が始まる!」→上昇どころか下落が止まらない事態に | Your News Online

加計学園獣医学部の認可関係者・高橋洋一氏、学園の虚偽報告に憤る愛媛県知事を「身勝手で非常識」と罵倒 | Your News Online

政府の駆けつけ擁護で有名な高橋洋一氏、加計学園獣医学部の認可関係者でした | Your News Online