パワードスーツを台湾軍が導入、100kgの武器弾薬も運搬可能に



SFファン的にはロマンのかたまりであるパワードスーツ。現実社会の軍隊で採用される時代がやってきました。詳細は以下から。

台湾軍が「パワードスーツ」の導入を発表しました。これは台湾の国家発展委員会による「国家発展計画」の一環です。



パワードスーツは人間の動きの効率化や持久力を補うための機械で、台湾軍が導入したモデルは太ももや膝、腰の一部をプレートで覆ったもの。



膝を曲げた際に体を支えてくれる他、立ち上がる動きを感知して押し上げてくれるとのこと。


重量約10kgで、リチウムバッテリーで最大6時間駆動します。


装着した際には重さ100kgの武器弾薬を運べる他、軽いジョギングの速さに相当する時速6kmで走ることも可能。


開発した台湾の軍事企業「国家中山科学研究院」は、戦場での兵士の動きの効率改善、災害救助の現場での疲労の軽減を目的だとしています。

・関連記事
孫正義SBG会長「日本は労働人口10億人の国に生まれ変わる」、AI学習スマートロボット(スマボ)1億台導入で競争力10倍と主張 | Your News Online

忌まわしき黒い悪魔、ゴキブリの大群を自律型サイボーグにして都市や原発の汚染をモニタリングする仰天プラン | Your News Online

Googleが買収したロボット会社、ボストン・ダイナミクスとは? | Your News Online