マイナポイント「最大2万円」に、一律支給案がトーンダウンで完全な別物に



もうマイナカードを持っているという人には、特に残念な結果になりそうです。詳細は以下から。

政府の新型コロナ感染拡大への支援策として、マイナンバーカードを保有する全国民を対象に、1人3万円相当のポイントを付与する方向で調整していたことが報じられましたが、毎日新聞社によると最大でも2万円ということになりそうです。

付与されるポイントの内訳は新規カード取得者に5000円、カードを健康保険証として使う手続きをした人に7500円分、預貯金口座とひも付けた人に7500円分をそれぞれ支給するというもの。

つまり、すでにマイナカードを持っている人は最大で1万5000円しかもらえず、最初の「カード保有者に一律3万円」支給案と比べると半分に。

またそれぞれの手続きをしなければその1万5000円分も支給されないため、一律支給とはまったくかけ離れたものとなっています。

・関連記事
マイナポイント3万円、マイナンバーカード保有者全員に一律支給へ | Your News Online

「マイナンバーと銀行口座のひも付け義務化」断念、普及進まず実効性確保が困難なため | Your News Online

マイナンバーカードがついにスマホ・免許証と一体化へ、「絶対誰にも知られてはいけない番号」という設定が完全崩壊 | Your News Online

マイナンバーカード未取得者約8000万人に申請書を一斉送付へ、総務省が決定 | Your News Online