【速報】マックポテトM・Lサイズ年末まで販売中止、コロナ禍と水害での輸入遅延受け



まさかのマクドナルドまでもが世界的サプライチェーンの混乱の影響を受けることになり増した。詳細は以下から。

日本マクドナルドが12月21日、原材料のポテトの北米からの輸入の遅延を理由に全店舗で「マックフライポテト」のMサイズとLサイズの販売を休止し、Sサイズのみの販売とすることを発表しました。


M・Lサイズが販売中止となるのは12月24から30日までの予定。これに伴い夜マックの「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」も販売休止となります。

マクドナルドはポテトの船便の経由地であるカナダのバンクーバー港近郊での大規模水害、またコロナ禍による世界的なサプライチェーンの混乱が影響しているとしています。

・関連記事
「ヤマサ醤油」「マルちゃん」値上げも、8割超の企業が恐れる「原料高」状況をまとめてみました | Your News Online

生活困窮者向け全国一斉電話相談が12月18日に開催、止められた携帯電話からも連絡可 | Your News Online

トラック・バス動かせず流通や運送に打撃へ、尿素水が日本でも枯渇深刻化 | Your News Online

キユーピー「マヨネーズ」「深煎りごまドレッシング」など382品目を最大15%値上げ、7月に続き今年2度目 | Your News Online