キユーピー「マヨネーズ」「深煎りごまドレッシング」など382品目を最大15%値上げ、7月に続き今年2度目



マヨラーにとってはつらい時代が続きます。詳細は以下から。

キユーピーが12月1日、家庭用と業務用のマヨネーズなどを2022年3月1日出荷分から最大15%値上げすることを産経新聞社などが報じています。


対象となるのはマヨネーズを筆頭にドレッシングやタルタルソース、サラダ類までを含む家庭用品85品、業務用297品の計382品に及びます。

理由としては原料の食用油の需要が世界的に拡大しているためとのこと。マヨネーズ関連商品は2021年7月にも値上げしたばかりでした。

マヨネーズの定番である家庭用「キユーピーマヨネーズ450グラム」の参考小売価格は402円から436円と34円の値上げ。「キユーピー深煎りごまドレッシング180ミリリットル」は281円から293円になります。

現在飲食物が値上げラッシュとなっており、先日もサントリーウイスキーの値上げをお伝えしたばかり。


他にも小麦粉、食用油などの価格高騰の煽りで冷凍食品なども相次いで値上げとなっている他、牛肉の高騰で牛丼各社やステーキ店の値上げも続いています。

・関連記事
【全リストあり】「山崎」「響」から「グレンフィディック」「マッカラン」まで、サントリーがウイスキー最大28%値上げへ | Your News Online

吉野家が牛丼を突然値上げ、並盛426円でついに大台に乗る | Your News Online

消費税「引き下げ」35%しか望まず、過半数が10%維持を希望 | Your News Online