【全リストあり】「山崎」「響」から「グレンフィディック」「マッカラン」まで、サントリーがウイスキー最大28%値上げへ



ハイボールブームで需要の増えたウイスキー。飲まれすぎて値上げという結果になってしまいました。詳細は以下から。

サントリースピリッツが11月29日、ウイスキーの値上げを発表しました。需要の拡大で生産設備を増強するためとのことで、2022年4月1日出荷分から実施します。

対象は「山崎」「響」など国産ウイスキー4ブランドの28商品で、5~28%の値上げとなります。


これに加えて輸入ブランドの「グレンフィディック」や「マッカラン」など4ブランド13商品も、仕入れ価格上昇を理由に同じく5~28%値上げします。


これによって「山崎12年」は税別8500円から1万円に。「グレンフィディック12年スペシャルリザーブ」は4000円から4600円に。全体として熟成期間の長いものほど値上げ率が高くなっています。

・関連記事
吉野家が牛丼を突然値上げ、並盛426円でついに大台に乗る | Your News Online

印刷や包装、パッケージ分野で価格高騰・納期遅延へ、「酢酸エチル」が中国政府締め付けで枯渇 | Your News Online

AmazonでVISAカード使用不可に、決済手数料が高いとして | Your News Online