Twitter創業者ジャック・ドーシーCEOが退任へ



創業者の手を離れることでTwitterはどう変わるのか、全世界が注目です。詳細は以下から。

世界的なSNS、米Twitterの創業者ジャック・ドーシーCEOが引退することが明らかになりました。

当初は事情通のリークとして情報が広まりましたが、Twitter社は現地時間11月29日に声明を発表。


ドーシー氏は「会社は創業者の手から離れる準備ができていると思うので、退くことを決めた」としています。後任には2017年から同社の最高技術責任者を務めているパラグ・アグラワル氏が就任するとのこと。

Twitterは国家のトップや世界的なアーティスト、世界各地の生の声などをリアルタイムで知ることのできるSNSではありますが、フェイクニュースやヘイトの温床となってきた歴史もあり、今後の舵取りが注目されます。

2023年までに売り上げを最低でも倍増させるとする経営目標を掲げていますが、新体制下でどのような経営が行われるのでしょうか。

・関連記事
フェイク拡散「カオス求める不誠実な保守派」が中心、「不正確」ラベルやファクトチェックも効果薄 | Your News Online

フェイクニュースはツイッターで真実の1.7倍リツイートされ6倍の速さで拡散する、しかもbotではなく人力で | Your News Online

保守はリベラルの30倍以上ツイッターでデマを拡散していたことが明らかに | Your News Online