auカブコム証券が米国株式サービス参入へ、業界最小水準の手数料で自動売買発注にも対応



安価で便利に米国株の取引ができるサービスが始まります。詳細は以下から。

auカブコム証券のプレスリリースによると、は2022年1月24日(月)から米国株式サービスを提供開始するそうです。

これに合わせて2022年1月23日(日)から口座開設の受付を開始する予定としています。


米国株式サービスでは、NYSE、NYSE Arca、NYSE American、NASDAQ上場の数千銘柄から独自基準で取引量の多い200銘柄とETF162銘柄の合計362銘柄を厳選。以降ユーザーのリクエストを反映させて順次増やしていきます。

このサービスでの取引は、取引時に為替両替を行う円貨決済となっており、外国株預り金に円資金があれば事前に外貨を準備せずに取引が可能です。

約定金額や受渡金額も日本円で表示されるため、初心者にも分かりやすいのが特徴。また外貨決済機能も2022年度内の導入を目指すとしています。

特徴として業界最小水準の0.495%の手数料が挙げられ、為替スプレッドも1ドルあたり20銭と比較的低額に抑えられています。

成行・指値注文から逆指値、トレーリングストップ、Uターン注文まで幅広い注文方法が選択できる上、自動売買にも対応。日本では深夜帯となる現地取引でもリアルタイムに相場の急変に備えられます。

取引にはauカブコム証券の証券口座開設が必要で、マイナンバーの届出と登録も必須です。

・関連記事
PayPay「ボーナス運用」有料化、100円以上追加時に手数料1%発生 | Your News Online

PayPay「ボーナス運用」500万人達成記念で500ポイントをプレゼントへ | Your News Online

AmazonでVISAカード使用不可に、決済手数料が高いとして | Your News Online