【速報】ソニーグループがEV新会社「ソニーモビリティ(Sony Mobirity)」設立へ、日本のEVシフト鮮明に



日本でようやく本格的なEVシフトが始まったことになります。詳細は以下から。

ソニーグループが1月4日、EV(電気自動車)の商用化を目指した新会社を2022年春に設立することを発表しました。

これは世界最大のテクノロジー見本市「CES」会場で吉田憲一郎社長が明らかにしたもので、社名を「ソニーモビリティ(Sony Mobirity)」とし、日本に本社を置くとのこと。

トヨタも2021年12月の「バッテリーEV戦略に関する説明会」では15車種の新型EVを公開。2030年にはに30車種まで拡大し、350万台を販売する目標をぶち上げたばかりです。

日本でも遅ればせながらようやくEVへの本格的なシフトが始まったことになりますが、すでに先を行く欧米や中国へのビハインドをどこまで巻き返せるかが大きな焦点となります。

・関連記事
EV普及に逆風、バッテリー用のリチウムやコバルトがかつてないほど高騰 | Your News Online

容量2倍、充電時間半分、寿命1.5倍になる上に安価な「3Dバッテリー」開発、EV業界には革命でもFCV(燃料電池車)には致命傷か | Your News Online

中国もガソリン車禁止へ、欧州に追随でEVへのシフトが鮮明に | Your News Online