今度はモスバーガーが「フレンチフライポテト」販売制限



マクドナルドのポテトが復活しましたが、今度はモスバーガーで販売制限。コロナ禍や天候不順の影響はまだまだ終わっていないようです。詳細は以下から。

モスバーガーを展開するモスフードサービスのプレスリリースによると、同社は2022年2月10日(木)からフレンチフライポテトの販売を一時制限するそうです。


理由としては、やはり新型コロナの影響が長期化や天候不順等による世界的な物流遅延とのこと。

同社はさまざまな方策で原材料調達に努めてきたものの、全店舗で安定してフレンチフライポテトを提供できないと判断しました。

現時点で3月中旬の制限解除を見込んでいるとしています。

変更される商品は以下のとおり。フレンチフライポテトとオニオンフライのコンボ「オニポテ」や、子ども向けの「モスワイワイセット」シリーズは販売中止にはなりません。