日本人の出生数が過去最少6年連続更新の84万人に、人口減少は過去最多の60万人超



底が抜けたような人口減少がコロナ禍でさらに加速した模様です。詳細は以下から。

日本経済新聞社によると、厚生労働省が2月25日に2021年の出生数の速報値が84万2897人だったと発表したそうです。2020年から2万9786人(3.4%)減少し、6年連続で過去最少を更新しました。


特に2021年1~2月の落ち込みが大きく、これはコロナ禍初期にあたる2020年春ごろの妊娠が減少したためとのこと。21年後半にかけては前年並みに戻ったものの、コロナ以前の水準には戻っていません。なお婚姻数は51万4242組で、2020年より2万3341組(4.3%)減って戦後最少でした。


一方で2021年の死亡数は20年より6万7745人増えて145万2289人。出生から死亡を引いた自然増減は60万9392人減と、初めて60万人を超えました。


速報値は日本に住む外国人なども含まれた数字で、確定数は日本に住む日本人のみのため、さらに出生数は下振れすることになります。

・関連記事
日本の外国人43.6%増加し274万7137人に、日本人は1.4%減少で1億2339万8962人、国勢調査確定値 | Your News Online

日本人口11年連続減で50万人超減少、減少数・減少率ともに過去最大で少子高齢化歯止めかからず | Your News Online

2019年の出生数90万人割れほぼ確定、少子化は推計を2年前倒す急加速に | Your News Online