【速報】1ドル128円台に続落、円安止まる気配なし



円安に雪崩を打っています。

4月19日午前11時30分、対ドルの円相場が一時127.7円まで上昇しました。これは2002年5月以来となる、およそ20年ぶりの円安となります。

日本経済新聞社は米連邦準備理事会がインフレ対応で金融の引き締めを急ぐとの見方から米金利が上昇し、日米金利差の拡大を見込んで円売り・ドル買いが広まったためとしています。

【14:40追記】
4月19日午後、ドル円は128円台にまで続落。128円台前半で推移を続けています。
・関連記事
【速報】1ドル123円台に大きく下落、日銀「指し値オペ」影響 | Your News Online

【速報】1ドル119.98円まで上昇、6年ぶりのドル円120円台目前 | Your News Online

原油価格今度は12%急落、OPECプラス増産検討表明で | Your News Online