五輪選手村の段ボールベッド、2人分の体重で崩壊する対コロナ「アンチセックスベッド」と話題に



東京五輪選手村に配備された段ボール製のベッド。発表当初から不評でしたが、新型コロナ対策として思わぬ効能が指摘されているようです。詳細は以下から。

米Fox Sports紙が現地時間7月17日「五輪選手らはコロナ禍中に『アンチセックス』段ボールベッドで眠る」とする記事を掲載しています。

記事では五輪選手村の段ボール製のベッドについて、もぐりこんだ2人目の体重でベッドが崩壊することで、性行為を控えさせるためのデザインだと指摘。

アメリカ合衆国の長距離走者、Paul Chelimoさんもこのベッドの写真を載せて「スポーツを超えた状況を避けるため、1人分のみの体重に耐えられるようになっている」とツイートしています。


すでに選手村でも感染が起きていることを考えれば、2人の人間がゼロ距離で濃厚接触する機会を減らせるこのベッドの対価重は確かに秀逸。

結果オーライの「けがの功名」かもしれませんが、果たしてどこまで感染拡大を抑制できるでしょうか。

・関連記事
東京のコロナ感染者1149人、5月13日以来の1000人超に | Your News Online

東京五輪「開催すべき」日本は22%でワースト2位、「興味」もワースト3位に世界28ヶ国調査で判明 | Your News Online

「酒を出し続ける飲食店と取引停止」求めた国税庁職員、まん延防止措置下で3人以上の飲み会に参加し7人が感染 | Your News Online

「最も大事なのはチャイニーズピープル」バッハ会長、痛恨の言い間違いで会場を凍らせてしまう | Your News Online