「男だってカクテルを飲むんだよ」ハイネケンのジェンダーフリーなCMが話題に



甘いカクテルは女性だけのものではありませんし、ビールも男性だけのものではありません。

そんな当たり前のはずの話が、ハイネケンの手でこの上なくグッとくるCMになっています。詳細は以下から。

今回話題になったのはハイネケンが2020年2月にYouTubeに公開した「Cheers to all」というCM。


キャプションでは「仲間と飲んだり食べに行った時、ドリンクのオーダーを間違えられたことあるだろ?」と問いかけています。



そして「ドリンクの種類で誰のオーダーかを決めつける人もいるけど、ハイネケンはドリンクに性別なんて関係ないと信じてる」とします。動画は以下から。

Heineken _ Cheers to all - YouTube


世界的なビール会社のハイネケンながら、そこで示されるメッセージは「男だってカクテルを飲む」というもの。「女だってビールを飲む」にしなかった心意気とセンスも含め、なんとも心憎いものになっています。



日本では10月に入ってからスポーツプランナーの酒井琢磨さんのツイートで大きく拡散。2.8万いいねを獲得しています。


ピニャ・コ・ラーダにスプモーニにロングアイランドアイスティー。美味しいのにオーダーする時ちょっとためらってしまう男性、少なくないのではないでしょうか。

次回このCMを思い出しながら、違った味を楽しんでみるのもよさそうです。

・関連記事
選択的夫婦別姓は「検討」も抹消、自民党の衆院選向け公約が大きく後退 | Your News Online

ファミマ「お母さん食堂」消滅へ、過去には抗議署名も | Your News Online

Dappiの回線契約者の法人と投稿者は別、本物の「中の人」が存在していた | Your News Online