アベノマスク115億円相当の8200万枚が倉庫に山積み、保管費用も8ヶ月で6億円に



エイプリルフールかと大不評だったアベノマスクですが、その悪夢はまだ終わっていないことが分かりました。詳細は以下から。

日経新聞社によると、会計検査院が検査した新型コロナ対策事業のなかで、介護施設などへの配布のため政府が調達したいわゆるアベノマスク約1億4千万枚のうち、2021年3月末時点で約8200万枚(約115億円相当)が倉庫に保管されていたこと判明したそうです。

加えてこれらのアベノマスクの保管費用が2020年8月~2021年3月の8か月間で約6億円に上ることも分かりました。

検査院が介護施設や障害者施設、保育所などに向け、20年夏ごろまでに調達したアベノマスクを点検したところ、2021年3月段階で約8200万枚が配られないまま倉庫に保管されていたことを発見。

アベノマスクの平均単価は約140円のため総額では約115億円相当。段階的に配布していた中で3回目の8000万枚が配布に動いた20年7月ごろにはマスク不足が解消されつつあったことから、感染対策に不十分とされた布製のアベノマスクがだぶついたとのこと。

なお、2021年3月以降のこれら8200万枚に付いての言及はなく、すでにアベノマスクを使う必要性もないことから、未だに費用を垂れ流しつつ保管されているか破棄されたかのどちらかになりそう。いずれにしてもコロナ対策のはずの税金がまったく役に立たないまま消えたことになります。

アベノマスクに関しては海外謎のユースビオ社への発注も含めて経緯の不透明さも指摘されてきましたが、配布自体にも大きな無駄があったことになります。

これだけの税金をPCR検査や病床拡充、医療従事者の確保などに使っていればどれだけ感染拡大が防げたのか、改めて検証が必要となりそうです。

【追加発注済】アベノマスクさらに8000万枚をこれから配布へ、介護施設や保育所向け | Your News Online

妊婦向けアベノマスクの不良品検品に8億円の税金投入、不良品率は10%に | Your News Online

アベノマスク調達先4社目の「株式会社ユースビオ」、完全に正体不明でした | Your News Online

全量回収のアベノマスク、3月頭時点ですでに政府・経産省が要請しミャンマーで生産開始していたと判明 | Your News Online