人間を「ゾンビ化」させる合成ドラッグが蔓延へ



文字通り人間をゾンビのように変えてしまう危険な薬物が広がっています。詳細は以下から。

コンゴ共和国の首都キンシャサの当局は「Bombé(ボンブ、フランス語で『爆弾』、現地では『パワフル』的な意味)」と呼ばれ、人間をゾンビのようにしてしまう合成ドラッグが若者の間で蔓延していると警告しています。

主成分は自動車の排気ガスの有害成分を低減する触媒コンバーターの使用済みセラミック中子を砕いた茶色い粉で、鼻から吸い込んだりたばこ状にして吸うのが一般的です。



これを様々な錠剤と混ぜ合わせたものを使用すると、ほぼ緊張病性の状態になり、何時間から何日も動かずに立ち続けたり、まさにゾンビのように当てもなくさまようようになるとのこと。

このため使用者には「キンシャサのゾンビ」というあだ名が付けられています。その様子は以下から。かなりショッキングです。

La Drogue ( BOMBER ) qui fait ravage a Kinshasa - YouTube


毒物学者のNdelo Di Panzu教授は「無意識の状態になると足取りが変わり、立ったまま眠り、腕を掻き始めます。顔の表情も変わって理由もなく泣いたり笑ったりするのです」とラジオで語っています。

加えて「ボンブの使用者の振る舞いは奇妙で、清潔さに関心を払わなくなるのでみんな汚れています。そして食欲をなくし、どこであれ1日中眠るようになるのです」とのことで、まさにゾンビです。

実際にドイツの新聞社が使用者にインタビューしたところ、ある人物はボンベと食欲増進剤を一緒に接種すると回答。理由は「そうしないと2日間も何も食べないままになるからね」ということでした。

ボンベは車の廃棄物を主成分としていることから1回分が1ドル(約110円)と極めて安価で、どこでも手に入ります。含まれる大量の発がん性物質やレアメタルが長期的にどのような害をもたらすかは、ドラッグとしての歴史が新しすぎるために現時点では不明。

使用者らは日々の貧困を忘れるためにボンブを使っており、ある使用者は「ボンブで全部忘れられる。西洋人には銀行口座があるけど俺には何もない。ボンブがあると楽になるんだ」と語っています。


かつてロシアや東欧の貧困層にまん延し「世界最悪の麻薬」と恐れられたドラッグ、クロコダイルを思い出させる状況ですが、ドラッグの禁止だけではどうにもならない根深い貧困が垣間見えます。

日本にも「飲む福祉」とされた強アルコール飲料があることを考えると、ドラッグ防止には社会自体を「ドラッグがなくてもしんどくない」状況に変えていく必要もあるのかもしれません。

・関連記事
「全ドラッグの合法化こそが唯一の道」という衝撃的すぎる研究報告 | Your News Online

薬物再犯防止に「治療や離脱支援プログラム推進」へ、刑務所ではない社会復帰目指す | Your News Online

和歌山県の「薬物乱用防止啓発まんが」、大麻と覚せい剤を混同しバッシングを容認するなど、いろいろ酷い内容に | Your News Online

「危険ドラッグ」が脱法ドラッグの新呼称に決定 | Your News Online