「ワクチン接種証明書」電子版、マイナンバーカードとNFCスマホが必須に



現時点での仕様ではマイナンバーカードがなければ電子版の接種証明書は入手できません。

未取得の人は自治体の窓口に出向いて紙の接種証明書を取るしかないため要注意です。詳細は以下から。

政府が12月20日からスマホ専用アプリを使った電子版の新型コロナワクチン接種証明書の発行を開始することが明らかになりました。


電子版ワクチン接種証明書はアプリから申請・取得して表示可能となるため、これまでの紙のワクチン接種証明書と違い、自治体の窓口などに出向く必要がありません。

ただし申請にはマイナンバーカードが必要となる他、マイナンバーカードを読み取れるNFCスマホ限定となります。対応機種はこちらから確認可能。


また、マイナンバーカード発行時の4桁の暗証番号を間違えてしまうと、アプリがロックされてしまう仕様に。この場合は自治体窓口まで行ってロック解除の手続きが必要となるため、細心の注意が必要です。

加えてマイナンバーカードは、現状では申請から交付準備完了まで約1か月かかり、自治体によっても差があるため必要なら早めに動いた方がよさそう。本当に急ぐ場合は、自治体の窓口に行った時に紙のワクチン接種証明書も取っておくのが無難です。

今後のGoToキャンペーンなどでも必要とされてきそうなワクチン接種証明書。ぱっと見は電子版が楽そうですが、これまでの海外向けに加えて国内向けの紙のワクチン接種証明書が作られることも決定しており、慌ててマイナンバーカードを作る必要はなさそうです。


・関連記事
マイナポイント「最大2万円」に、一律支給案がトーンダウンで完全な別物に | Your News Online

「マイナンバーと銀行口座のひも付け義務化」断念、普及進まず実効性確保が困難なため | Your News Online

マイナンバーカード未取得者約8000万人に申請書を一斉送付へ、総務省が決定 | Your News Online