ついにディズニーの風船まで販売休止、ヘリウム高騰で供給不足



原料高やサプライチェーンの混乱に伴う物不足、ついにここまで来てしまいました。詳細は以下から。

ディズニーランドが、ヘリウムの不足で風船の販売を休止していることをFNNが報じています。

オリエンタルランドは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、12月1日から風船の販売を休止。風船に入れるヘリウムガス不足が理由で販売再開時期は未定です。

ヘリウムは、こちらも品薄の続く半導体の製造などにも使われることから世界的に需要の高まっている物質です。

現在ヘリウムの輸入価格が過去最高を更新する水準で高止まりしており、コロナ禍も相まって海上輸送が滞り、国内への供給が追いつかない状況となっています。

・関連記事
【速報】マックポテトM・Lサイズ年末まで販売中止、コロナ禍と水害での輸入遅延受け | Your News Online

「ヤマサ醤油」「マルちゃん」値上げも、8割超の企業が恐れる「原料高」状況をまとめてみました | Your News Online

CPUやメモリなど「次世代半導体」研究開発に文科省が9億円もの予算を要求、一方サムスンは3年で23兆円 | Your News Online