テスラが人型ロボット「Optimus」に『汎用人工知能(AGI)』採用か、イーロン・マスクが示唆



まだまだ先の話とはいえ、実現すれば「ターミネーター」や「ドラえもん」の世界への大きな一歩となります。果たして訪れるのはどちらの未来となるのでしょうか。詳細は以下から。

EVや太陽光発電に携わるテスラと宇宙開発企業スペースXのCEOでテクノキングを名乗るイーロン・マスク氏が、自意識を持って自律的に行動できる「強いAI」とされる「汎用人工知能(AGI)」について気になる発言を行っています。

汎用人工知能とは人間と同等、もしくは超越する知能を持つAIのこと。マスク氏は自らのTwitter場でテスラが開発した人型ロボット「Optimus」が、この汎用人工知能に対して「役割を担うかもしれない」と述べています。


そのテスタの開発した人型ロボットのOptimusはこちら。なんともスマートなだけにちょっと怖さも感じます。


マスク氏の発言は、実際的にはテスラのAI研究開発部が同社のEV向け自動操縦技術の改善のため、知能を持つAIの開発に携わる可能性を示唆するもの。

自動操縦AIはリアルタイムで周囲の環境からの情報を取り込んで運転を行う必要があり、安全のためにもさらなる発展が切に求められます。そして人型ロボットの開発を経ることで、AIの研究開発はさらに大規模なものとなることは間違いありません。

現時点でOptimusの性能は、プレゼンではまるで人間が中に入っているかのようなダンスを見せるにとどまっており、汎用人工知能に至るにはまだ時間がかかるものと考えられます。



ですが、高度な状況把握と判断が必要な自動運転AIを開発するテスラがAIに知能を授けるのであれば、成功の可能性は最も高い部類に入ると考えてもよさそう。もちろんテスラが自らの手札をどこまで晒しているかについても外部からは未知数な部分もあります。

知能を持ったAIがもたらす未来がターミネーターやマトリックスのような危険なものなのか、ドラえもんや鉄腕アトムのような友好的なものなのか、それを選ぶのは人類全体ではなく、トップを走るテックカンパニーに委ねられているというのが実情と言えそうです。

・関連記事
「AIは倫理的にはなれない」AIが人類に回答 | Your News Online

40億円の「ディープフェイク音声」銀行詐欺が発生、顧客の声をAIで完コピ | Your News Online

「AI婚活」政府が後押しへ、「条件合わずとも相性の良い相手」が選べて少子化解消? | Your News Online