楽天ポイントやクレジットカードで募金できる「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」がスタート



ツイッターアイコンをウクライナ国旗に変えていた楽天の三木谷CEOがウクライナへの人道思念募金スタートを発表しました。詳細は以下から。

楽天の三木谷浩史CEOによると、同社のオンライン募金サービス「楽天クラッチ募金」において2022年2月28日(月)から3月31日(木)まで「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」を受け付けるそうです。


これはロシアのウクライナ侵攻に伴って深刻な人道危機が懸念されることから、ウクライナの人々への人道支援のための募金を受け付けるというもの。

この募金は、飲料水など物資支援、保健サービスの提供、子どもの保護をはじめとする人道支援に活用されます。

16時に三木谷氏がツイートで告知した後、16時15分現在で65万円超がすでに募金されています。


この募金は現在楽天ポイントとクレジットカードから可能で、楽天銀行口座への振込による募金も近日中に受付開始するとのことです。


・関連記事
小麦さらに値上げか、対ロシア制裁強化で先物が9%急騰、トウモロコシ・大豆も高騰 | Your News Online

西友がセゾンカード提携終了で「まいにち3%OFF」廃止、楽天との会員プログラム開始へ | Your News Online

楽天が過去最大の1338億円赤字決算、ポイント還元率にも影響か | Your News Online