小麦さらに値上げか、対ロシア制裁強化で先物が9%急騰、トウモロコシ・大豆も高騰



各メーカーが相次いで値上げを表明した小麦使用製品ですが、さらなる値上げの波に襲われる可能性がありそうです。詳細は以下から。

ブルームバーグの報道によると、ウクライナ侵攻に対するロシアへの経済制裁強化により、小麦やトウモロコシ、大豆の相場が急騰しているそうです。

それによると、シカゴ市場の小麦先物は一時8.7%上昇し1ブッシェル当たり9.3ドルを超え、トウモロコシは一時5%、大豆は3.9%値上がりしています。

日本ではすでに小麦の原料高を受け、ミスタードーナツ日清食品の各種麺類をはじめ多くの企業が値上げを表明していました。


またやトウモロコシに関しても、やおきんはうまい棒の創業以来初となる値上げを発表していました。


ウクライナ情勢が今後どのように推移するのか現時点では不透明ですが、長引けば日本人の生活にさらなる打撃となりそうです。

政治的な意味合いだけでなく、生活それ自体から見ても「対岸の火事」とは言えない状況となっています。

・関連記事
【全リスト付き】日清食品が軒並み値上げ、「カップヌードル」「チキンラーメン」「日清のどん兵衛」も | Your News Online

「うまい棒」ついに12円に、原材料高で発売以来初の値上げ | Your News Online

【全リストあり】ミスドがポン・デ・リング、フレンチクルーラーなど33商品値上げへ | Your News Online