パラリンピック有観客開催へ、丸川五輪相「学校観戦、子どもたちの観戦可能にしたい」



オリンピックは無観客となりましたが、パラリンピックは有観客開催を目指す方針が示されました。

丸川珠代五輪担当相が7月20日の閣議後記者会見で、8月24日から9月5日に開催の東京パラリンピックで、新型コロナ感染対策を続けた上で「状況が許せばぜひ観客を入れて行いたい」との意向を明らかにしました。


丸川五輪相は「学校観戦、子どもたちの観戦が可能になるような環境をつくりたい」とも語っており、「学徒動員」と大きな批判を浴びた子供たちによる観戦が再び問題になりそうです。

夏の終わりとはいえまだまだ残暑が厳しい季節。新型コロナはもちろん暑さ対策も大きな問題になりそうです。

・関連記事
五輪選手村の段ボールベッド、2人分の体重で崩壊する対コロナ「アンチセックスベッド」と話題に | Your News Online

東京五輪「開催すべき」日本は22%でワースト2位、「興味」もワースト3位に世界28ヶ国調査で判明 | Your News Online

「酒を出し続ける飲食店と取引停止」求めた国税庁職員、まん延防止措置下で3人以上の飲み会に参加し7人が感染 | Your News Online

「最も大事なのはチャイニーズピープル」バッハ会長、痛恨の言い間違いで会場を凍らせてしまう | Your News Online