【追記あり】小林賢太郎氏が五輪開会式演出解任、ラーメンズ時代のホロコーストやゆネタ大拡散で



小山田圭吾氏、のぶみ氏に続き、ここに来て超弩級の炎上が発生。開会式前日の解任となりました。

明日に迫った7月23日の東京五輪開会式でショーの演出担当を務める予定だった元ラーメンズの小林賢太郎氏が解任されました。

これは大会組織委員会関係者が22日に明らかにしたもので、21日にラーメンズ時代のユダヤ人の大量虐殺を題材に用いたコント動画を実話BUNKAタブー編集部が拡散。


そしてツイッターユーザーからの報告を受けた自民党の中山泰秀防衛副大臣が、ホロコーストの記録保存や反ユダヤ主義の監視を行うサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)に通報。


これを受けて現地時間21日の段階でサイモン・ウィーゼンタール・センターは非難声明を出しており、国際問題化していました。


東京五輪開会式前日に当の開会式演出担当者がホロコースト絡みの言動で解任という、過去に類を見ない事態となっています。

【12:35追記】
組織委が小林賢太郎氏の謝罪文を発表しました。以下引用します。

小林賢太郎と申します。 私は元コメディアンで、引退後の今はエンターテインメントに裏方として携わっています。

かつて私が書いたコントのセリフの中に、不適切な表現があったというご指摘をいただきました。確かにご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに、極めて不謹慎な表現が含まれていました。

ご指摘を受け、当時のことを思い返しました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていた頃だと思います。その後、自分でも良くないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました。

人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったということを理解し、反省しています。不快に思われた方々に、お詫(わ)びを申し上げます。申し訳ありませんでした。

先ほど、組織委員会から、ショーディレクター解任のご連絡をいただきました。ここまで、この式典に関わらせていただけたことに感謝いたします。

小林賢太郎


・関連記事
【追記あり】ラーメンズの小林賢太郎が芸能界引退 | Buzzap!

小山田圭吾辞任、東京オリパラ開会式楽曲担当決定も「障がい者いじめ」告白記事で炎上 | Your News Online

コーネリアス小山田圭吾の「障がい者いじめ」告白が物議、東京オリパラ開会式楽曲担当で再度脚光を浴びてしまう | Your News Online