「修学旅行は中止しろ、でも子供のパラ観戦の準備は進める」小池都知事が謎すぎる迷走



修学旅行はNGでもパラリンピック観戦はOKとのことです。

◆修学旅行中止を要求
小池百合子東京都知事は19日の都議会で都と県をまたぐ修学旅行の中止や延期を求めました。


小池都知事は「都立学校においても、都県境を越える修学旅行等については、中止または延期することとしているが、子どもたちの心身の健康のため、学校現場において工夫しながら、学校行事を行っていくことが必要と考える」と発言しています。

◆子供のパラ観戦は中止せず進める
一方、東京パラリンピックを子供たちに観戦させる、学徒動員と悪名高い「学校連携観戦プログラム」については「教育委員の意見を参考にしながら、子どもたちがパラリンピックの選手の姿を見ることをより安心・安全な形でできるように準備を進めていく」と実施する考えを強調しています。


その理由は「希望されるお子さんが実際にパラリンピアンの努力、その姿を見ることは、教育的な価値は高いと考えている」というもの。

修学旅行中止レベルの感染爆発を認識した上で、パラ観戦はリスクを背負っても強行する価値があると判断したことになります。

・関連記事
東京パラ開会式制作メンバー隠蔽へ、五輪での大炎上踏まえ | Your News Online

すぎやまこういち「ドラクエのテーマ」開会式使用は「安倍案件」のゴリ押しだった、米報道で指摘 | Your News Online

「不要不急かどうかは本人が判断すべき」丸川五輪相が明言、帰省や旅行のお墨付きに | Your News Online

「東京五輪のコロナ対策、すべて効果的にうまくいった」IOCバッハ会長が意味不明の供述 | Your News Online

さざ波発言の高橋洋一氏「新たな波が来ても全国で3000~4500人」「五輪開催してよかった」→全国1万人超感染、都幹部「万策尽きた、五輪関係ある」 | Your News Online