世界最大380kgの「大麻入りブラウニー」作成される、ただしギネス申請は却下



世界最大のブラウニーでしたが、大麻入りというおまけのせいでギネス申請却下とのことです。詳細は以下から。

嗜好品としての大麻が合法化されているアメリカ合衆国マサチューセッツ州の大麻関連企業MariMed社が、現地時間12月8日のブラウニーの日に世界最大の大麻入りブラウニーを作成しました


このブラウニーには大麻の有効成分THCが20000mg配合されており、縦91cm×横91cm×高さ38cmで重さは約385kgです。


なお、同社の通常の大麻入りブラウニーではTHCが100mg配合されているとのことで、この世界最大のブラウニーは200人前ということに。ギネスブック掲載の現世界最大のブラウニーは約113kgのため、トリプルスコア以上の大きさとなりました。

ですがギネスブック公式はMariMed社に対し、現時点で大麻製品のエントリーは受け付けていないとして申請を却下。MariMed社としては納得していないそうです。


このブラウニーを作るに当たっては、通常のブラウニーの制作過程とほぼ同じで量だけを大きくしたとのこと。ただし動かすのは苦労したとしています。

・関連記事
「大麻入りピザ」タイで堂々の爆誕 | Your News Online

ドイツ第4の大麻合法化国へ、1300億円の税収増見込む | Your News Online

医療大麻8兆円市場へ、世界全体で今後3.5倍以上に拡大 | Your News Online