ヤフーのテレワーク激推し新体制が完璧なことに、全国どこでも居住可で飛行機出勤にも月15万至急



テレワークをするすべての人が望んでいた環境をヤフーが実現させています。詳細は以下から。

ヤフーが社員のテレワーク充実のため、日本国内どこにでも住めるよう制度変更することを発表しました。


現在、全国約8000人いるヤフーの社員や契約社員ら9割がテレワークで働いており、出社指示の場合に翌日午前1時までに出社できる場所に住むことが条件となっています。

ですが2022年4月から制度変更し、日本国内であればどこに住んでもよいとすることを発表しました。同時に飛行機出勤も月額15万円まで認めるとしています。

これは社員対象のアンケートで、テレワークによる仕事の成果に影響がなかった、向上したとする回答が9割にのぼったため。

テレワークがプラスに機能した好例であると同時に、社員へのアンケートがしっかりフィードバックされた事にも驚きと好意的な反応が広まっています。

昨年11月には経団連が「出勤者7割減見直し」を提言したものの、テレワークに従事する人の7割以上が継続を希望するなど、労使間での希望のずれが明らかになっていました。


またテレワークを止めたいと考えているのは、主にオンラインでコミュニケーションに不便を感じる中高年層という結果も出ており、これは世代間でのずれとも言えそう。


新しい世代を積極的に活用したいのであれば、ヤフーのようなテレワーク環境の充実は今後さらに重要なアピールポイントになってきそうです。

・関連記事
【コラム】経団連「出勤者7割減見直し」提言→7割以上がテレワーク継続希望でした | Your News Online

テレワークでの働きぶりの「見える化」、ディストピア過ぎる監視体制が「違う、そうじゃない」と話題に | Your News Online

嬉しい時、悲しい時に全社員が踊る「クラブタイム制度」誕生、EDMが流れミラーボールが点灯 | Your News Online