バーチャルなコンテンツで都市空間をジャックする「XRscape」KDDIが提供へ



「ブレードランナー 2049」で見たような、現実の都市がバーチャルと融合する世界に近づく大きな一歩と言えそうです。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社とPsychic VR Lab社は2022年2月1日(火)から、実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる「XRscape (エックスアールスケープ)」の提供を開始するそうです。


この「XR(クロスリアリティ)」というのは、現実世界と仮想世界の融合を指す、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの技術の総称。

ユーザーはKDDIの現実世界と仮想世界を融合するXRアプリ「SATCH X」を起動してスマホをかざすだけで、簡単に設置されたバーチャルなコンテンツを体験することができるようになります。


XRscapeではリアルの都市空間にバーチャルの広告やコンテンツを自由に設置でき、都市全体を活用したプロモーションなどを容易にできるように。

ARスタンプラリーなどの回遊型アトラクションで都市全体を大規模なプロモーションなどに活用できるほか、ゲームなどのインタラクティブなコンテンツにも対応します。


KDDIとPsychic VR Labはパルコと共に事業共創プログラム「∞ (ムゲン) の翼 2021」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を対応施設としました。こちらはナカシブ通り。


こちらはROOFTOP PARKです。


同様の都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、現在東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、京都の6都市で対応しており、今後は全国の都市や施設に拡大していくとのこと。

ARゴーグルなどと組み合わせられれば、SFのような「バーチャルがリアルをジャック」する体験もできるようになりそうです。、

・関連記事
テスラが人型ロボット「Optimus」に『汎用人工知能(AGI)』採用か、イーロン・マスクが示唆 | Your News Online

盲目でも赤外線で「見える」ナビシステムが開発、完全な暗闇でも見えます | Your News Online

「AIは倫理的にはなれない」AIが人類に回答 | Your News Online