寒い部屋を手軽に断熱・保温できる二重窓キットが優秀、取り付け簡単で賃貸でも使えます



暖房費を少しでも抑えたい人、いやいやフル稼働でもまだ寒いんだけど…という人に手軽で簡単に暖かくなれるキットがこちらです。詳細は以下から。

部屋に帰って寒さに震える季節が続いています。物件によっては、暖房をガンガンに付けても窓から冷気が流れ込んできて辛いもの。

そんな時に便利なのがアクリサンデーの「エコな簡易内窓キット」。普通の窓を寒冷地のような二重窓に作り替えられるキットで、窓枠にフレームを両面テープで取り付け、断熱性の高い中空のポリカーボネート板の窓をはめるだけです。


日本の窓枠の多くは熱を通しやすいアルミサッシ製のため、窓ガラス自体以上に暑さや寒さを通します。このキットは窓枠の内側に取り付けることで、窓全体からの熱をシャットアウトできます。

2つの窓の間に空気の層ができて断熱効果が生まれ、二重窓にしていない時よりも窓面の温度が大幅に改善されることに。


室外が0度、室内が20度の場合、このエコな簡易内窓キットを付けると7.7度も窓面の温度が上昇。その分だけ流れ込む冷気が減り、室内の結露も防げます


同社のシミュレーションでは年間の暖房費も数千円単位で節約できることに。寒くないだけでなく節約までできるのは、電気代が高騰する現状では非常に大きなメリットです。


キットは総プラスチックで軽量のため窓枠を痛めずに設置できます。


つまり賃貸物件であっても簡単に取り付けられ、原状回復も容易ということ。窓に直接プチプチを貼ると剥がすのが大変だったりしますが、このキットなら手間も多くありません。


もちろん断熱効果は夏の暑さにも発揮されるため、冬が終わっても取り付けたままで大丈夫。春や秋の窓からの景色が楽しみたい人はその間だけはずし、フレームだけ残しておいてもよいでしょう。公式の紹介動画は以下から。


エコな簡易内窓キットは通販モノタロウ内で窓枠サイズに合わせてそれぞれ購入できます。


寒さ・暑さは気力、体力、電気代のすべてを容赦なく奪ってゆくもの。ちょっとした初期投資と数時間のDIYで自宅の快適度が大幅に改善されると考えれば、十分にやってみる価値はありそうです。

・関連記事
【コラム】一人暮らしを始める新社会人が揃えておくべき家具・家電まとめ【家電編】 | Your News Online

新型コロナ対応保険が人気に、太陽生命「感染症プラス入院一時金保険」、PayPayほけん「コロナ見舞金」好調 | Your News Online

3月分の電気過去5年で最高値、ガス7ヶ月連続値上がり、燃料価格上昇が深刻 | Your News Online