「無料PCR検査」現状レポート、第6波によるキット不足と混雑で検査も結果も遅れがちに



訳あって無料PCR検査を受けましたが、検査キット不足や検査希望者殺到の影響が確実に広がっています。

感染爆発でリスクが身近になる中、いざ受けたい時にすぐ受けられない状況が続くことになりそうです。現状をレポートします。

職場で感染者が出た、よく行く店でクラスター発生、同居する家族が体調不良、高齢の親のいる実家に帰省する…自分が感染しているかを知りたい理由は人それぞれですが、現状ではいずれも現実的なリスクです。

そんな時、各都道府県で実施される無症状者向けの無料PCR検査は非常に心強いもの。とはいえ第6波が過去最大規模となる中、各地で大勢が検査に殺到し、検査キットの確保もままならない状況が報じられています。

では実際に無料PCR検査を受けようとするとどうなるのでしょうか。京都府在住の筆者の一例としてレポートします。

まず、自分の住む都道府県で無料PCR検査が現在行われているかを確認。京都府でも無料検査の件数制限が発表されています。


移動や他の人との接触を避けるためにも可能な限り近所でと考え、「無料検査実施事業所一覧」から最寄りの検査場所を探しました。


その検査場所はドラッグストアでしたが、予約電話の殺到を避けるためか電話受け付けはせず「店頭予約のみ受付」。やむなく検査実施日の、開始時間ちょうどに直接向かいました。


ドラッグストア内の薬局が検査場となっており、話を聞くと当日検査は不可でした。理由はやはり検査キット不足で、PCR検査なら翌週月曜日、抗原検査でも2日後が最短とされました。

なお薬局のブースをひとつを検査に割り当てており、清掃や消毒の手間もあるため1日に受けられる数は非常に限られていました。

聞くと厚労省認可のPCR検査キットなどは病院に優先的に配布されており、ドラッグストアへの配布は非常に少ないとのこと。簡易的な抗原検査キットはドラッグストア内でも市販されていたものの、これはやはりあくまで気休め。


一覧を頼りに近くのドラッグストアも訪れてみるが状況は同じ。であれば検査を実施している病院やクリニックを探すしかありません。

一覧から近くの病院から電話をすると、そう遠くないところで翌日午後一での検査が可能とのこと。その日のうちに検査を受けるのは難しいと判断し、その場で予約。

PCR検査は鼻に綿棒を突っ込むタイプや唾液を取るタイプがあり、この病院は後者。検査1時間前からは飲食やうがい、歯磨きはしないようにと念を押されました。

加えて、午後の検査の結果は通常ならば翌日午後までに分かるが、検査数が非常に多くなっているため遅れることがあると説明され、承諾。

翌日、早めの昼食を取り、1時間前からは水も飲まないように気をつけて病院へ。遅刻はNGでも、早く着きすぎても寒空の下で待たされる場合もあるため要注意です。


よく考えれば、わざわざ検査を受けるのは感染の不安を抱えている人が多いはず。であれば可能な限り風通しのよい屋外で待たせるのは確かに合理的です。でも…寒い。


予定時間の数分前に室内に入るように言われて入場。この日は同じタイミングで来ていたのは4人ほど。平日午後一だからかもしれませんが行列などはありませんでした。

室内で京都在住と示すための身分証の提示を求められ、住所氏名などを申込用紙に記入。


後は名前の書かれた透明な容器を渡され、奥のついたてのあるブースでひとり唾液を絞り出す作業を行います。


口が乾燥していると致命的に時間が掛かるので、水が飲めなくなる1時間以上前にそれなりに水分はとっておいた方がよさそうです。

唾液がとれたら、ブースの脇のボックスに置いてそのまま退出するだけ。これで全部終わりです。


なお結果は電話で陽性か陰性かの連絡が入るのみで、仮に陽性でも病院などの手配はしてくれません。自分で新型コロナ対応の医療機関や相談センターに連絡し、受診する必要があります。

ちなみに今回検査を受けた病院は、直接訪問すれば検査結果通知書をもらえました。この辺りも自治体や検査場所で対応が違うはずなので、通知書などをもらいたい人は事前にチェックが必要です。


現在、無料PCR検査は第6波により実施がどんどん難しくなっています。医療機関向けのPCR検査キットが不足し、ドラッグストアでの検査を停止する自治体も出てきているのが現状です。

みなし陽性を含めて感染の判定基準なども変動しており、都道府県で対応も違うため、必ず自分の住む自治体の最新情報をチェックして動きましょう。

なお、自分の感染状況を純粋に知りたい場合も、用事やイベントごとなどで特定の日に陰性の結果がほしい場合も、可能な限り早めの段階で検査の予約を入れておく事が重要です。

たらい回しになったりやきもきすることも多いかも知れませんが、感染リスクを負いながらも検査を実施してくれる病院や薬局、ドラッグストアのスタッフにその怒りやイライラをぶつけることは絶対に、絶対にしないように。

・関連記事
新型コロナ感染で5万円もらえるPayPayほけん「コロナ見舞金」が20万件突破、500円からお手軽加入 | Your News Online

興和の「イベルメクチンがオミクロン株に効果」まだ飛びつけないたったひとつのシンプルな理由 | Your News Online

【注意喚起】反ワクチン・ノーマスクのトランプ崇拝カルト「神真都(やまと)Q」が拡大、1月23日に次の全国デモを計画 | Your News Online