熱海直送の「未活用魚」レシピ動画で賞金5万円も、フードロス解消目指す「クリエイティブクッキングバトルin熱海」開催



エントリーで熱海の海で獲れた未活用魚が送られ、それを最高のレシピ動画に仕上げるというなかなかにアツい大会です。詳細は以下から。

海と日本プロジェクト広報事務局のプレスリリースによると、2022年2月から3月に「クリエイティブクッキングバトルin熱海」をオンラインにて開催するそうです。


「クリエイティブクッキングバトル」は2018年に「家庭から出る食料廃棄を楽しく解消する」をテーマに始まったフードロス解消の取り組み。

「クリエイティブクッキングバトルin熱海」では、熱海で獲れた規格外だったり漁獲量が少ないなどで売れない魚「未活用魚」を使ったアイデアレシピ動画を募集します。

エントリーした人には熱海の海で獲れた未活用魚が発送され、これに「お住まいの地元食材」「冷蔵庫にある食材」を加えて楽しく、無駄なく調理してレシピ動画を作ります。なおどんな魚が届くかは「届いてからのお楽しみ」とのこと。


応募はエントリーの上、2分以内の動画と300文字以内のPR文を作成し投稿。動画には「届いた未活用魚、活用した地域食材の紹介」「調理しているところ」「完成した料理」「試食しているところ」「調理中に出た生ごみ量」を入れる必要があります。

応募されたレシピ動画は「無駄のない工夫」「アイデアの新しさ」「見た目の美しさ」「動画の楽しさ」の4項目の合計点で審査され、グランプリには5万円、準グランプリは2万円、特別賞にはAmazonギフト券5000円が進呈されます。

エントリーは2月23日までで先着20組まで。動画の締め切りは3月6日となっています。


料理好きはチャレンジしてみると、楽しく美味しい上に実益にもつながりそうです。

・関連記事
最安0円もある規格外野菜通販サイト「Osusowake」誕生へ | Your News Online

個人の「釣り」規制強化へ、漁獲量報告義務や漁獲枠制限も | Your News Online

ヤフオク!で販売禁止目前の絶滅危惧種「カワシンジュガイ」、100万円で駆け込み出品 | Your News Online