【悲報】JT「自社グループ商品2500円分」など人気の株主優待制度を廃止



高配当に加えて豪華な株主優待で人気だったJTですが、今年を最後に株主優待制度の廃止が決定されました。詳細は以下から。

JTのプレスリリースによると、同社は2023年の株主優待商品の発送をもって、株主優待制度を廃止するそうです。


JTはこれまで保有株式数100株以上で自社グループ商品2500円分がもらえるなど、高配当に加えてお得なリターンが人気でした。

最後の株主優待商品の対象となるのは、2022年12月31日現在でJT株主名簿に記載又は記録された100株以上を1年以上継続保有する株主となります。

この1年以上継続保有は、同一株主番号で3月31日現在、6月30日現在、9月30日現在及び12月31日現在の当社株主名簿に連続して5回以上記載又は記録されていることが条件。

JTは今回の廃止理由を、株主への公平な利益還元という観点から「配当等による利益還元に集約する」ためとしてます。

実際にJTの21年12月期の連結最終利益は増益となっており、今期の年間配当も前期より10円多い150円に増配となっています。

株主的に納得のゆくタイミングでの廃止と言えるのかもしれません。

・関連記事
楽天が過去最大の1338億円赤字決算、ポイント還元率にも影響か | Your News Online

SBI証券、取引・サービスでdポイント獲得可能に、楽天証券からの移住先なるか | Your News Online

西友がセゾンカード提携終了で「まいにち3%OFF」廃止、楽天との会員プログラム開始へ | Your News Online

auカブコム証券が米国株式サービス参入へ、業界最小水準の手数料で自動売買発注にも対応 | Your News Online