原油ついに終値100ドル超える、2014年ぶりの高値に



原油の値上がりが止まらず、ついに終値で100ドルを突破です。詳細は以下から。

時事通信社の報道によると、ロシアのウクライナ侵攻の激化を受け、3月1日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場はが急伸したそうです。

国際指標の米国産標準油種WTI先物価格は一時106.78ドルまで上昇し、前日比8%高い1バレル=103.41ドルで終了。終値が100ドルを超えたのは2014年7月下旬以来7年7ヶ月ぶりです。

英国産北海ブレント先物価格も一時、1バレル=107ドル台に上昇し、こちらも2014年7月以来の水準を付けるなど、高騰が止まりません。

日本のガソリン価格も今後さらなる値上げとなりそうです。

・関連記事
【悲報】ガソリンさらなる高騰へ、原油価格35円値上がりで春にも145円台か | Your News Online

ガソリン補助金上限15円に3倍増案、高騰続くも「トリガー条項」慎重姿勢崩さず | Your News Online

【悲報】ガソリン高騰抑制策、発動も全然安くならない可能性 | Your News Online

高速料金無料化求める裁判始まる、「半永久的有料道路状態は違憲」と指摘 | Your News Online

日本もガソリン新車販売禁止へ、「2030年代半にはゼロ」経産省方針 | Your News Online