【全リスト付き】マクドナルド「ハンバーガー」110円→130円など主力メニュー値上げ、ただし8割は据え置き



ハンバーガーやチーズバーガー、てりやきマックバーガーにフィレオフィッシュなど、慣れ親しんだメニューの値上げが発表されました。詳細は以下から。

日本マクドナルドのプレスリリースによると、同社は2022年3月14日(月)からハンバーガーやチーズバーガーなどを10円~20円値上げするそうです。

これは小麦や牛肉などの原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などを受けたものとのこと。

一方で「ビッグマック」、「マックフライポテト」、「ハッピーセット」、バリューランチを含む全体の約8割の値段は据え置くとしています。

以下が値上げ対象となるメニューと店頭価格です。


こちらはマックデリバリーでの価格。


McCafé by Baristaでの価格となります。


小腹を満たしにちょっと食べたい時のおなじみメニューが軒並み値上げとなっています。

・関連記事
小麦さらに値上げか、対ロシア制裁強化で先物が9%急騰、トウモロコシ・大豆も高騰 | Your News Online

【全リスト付き】日清食品が軒並み値上げ、「カップヌードル」「チキンラーメン」「どん兵衛」も | Your News Online

「ヤマサ醤油」「マルちゃん」値上げも、8割超の企業が恐れる「原料高」状況をまとめてみました | Your News Online

【速報】マックフライポテトM・Lサイズ販売再開が発表 | Your News Online