2021年出生数推計は約80万5千人、少子化ペース7年前倒しの超加速と判明



指の間から砂がこぼれ落ちるように日本の少子化が、想定をはるかに超えるスピードで進んでいる状況が可視化されました。詳細は以下から。

朝日新聞社の推計によると、2021年に日本国内で生まれた日本人の子どもの数が80万5000人程度となる見通しだそうです。これは厚生労働が産出する推計値と同じ方式で朝日新聞社が計算したもの。

国の想定する出生数の水準では80万人台は2028年頃となり、実際の少子化は想定より7年ほど前倒しで進んでいるとしています。


厚労省は毎年12月に出生数の推計値を出していますが、新型コロナのパンデミックの影響が大きいとして2020年と2021年の推計値の発表を見送っています。

同省の公表する計算式に10月までの出生数の速報値などを当てはめたところ、2021年の出生数は80万5千人程度と算出。2020年の84万835人から4.3%減り、2016~20年の5年平均の減少率3.5%を上回っています。

減少率が4%を超えるのは、初めて90万人を割り込んだ2019年の5.8%を除くと2005年以来となります。


なお、国立社会保障・人口問題研究所の2017年の将来推計人口では出生数が80万人台となるのは2028年で80.9万人。これに当てはめれば少子化のペースは7年ほど前倒しされていることになります。

・関連記事
日本の外国人43.6%増加し274万7137人に、日本人は1.4%減少で1億2339万8962人、国勢調査確定値 | Your News Online

「いぶりがっこ」伝統壊滅の危機、改正食品衛生法が少子高齢化の跡継ぎ不足を直撃 | Your News Online

「AI婚活」政府が後押しへ、「条件合わずとも相性の良い相手」が選べて少子化解消? | Your News Online

高齢者「老い」に否定的な風潮強まる、20年前から悪化 | Your News Online