餃子日本一、宮崎市が宇都宮、浜松を抑え初勝利



ツートップと思われていた餃子購入額の日本一、今回初めて宮崎市が奪取しました。詳細は以下から。

宮崎県宮崎市が2月8日、2021年の餃子の世帯当たり購入額が、全国の県庁所在地・政令指定都市の間ではじめて1位となったことを発表しました。

これは総務省家計調査を基に集計したもので、同年の2位は浜松市、3位は宇都宮市でした。

実際の餃子購入額は宮崎市が4184円、浜松市が3728円、宇都宮市が3129円となりました。20。20年は浜松、宇都宮、宮崎の順で、3位から一気にトップを奪取した形です。

これまで宇都宮と浜松のツートップだった餃子日本一決定戦。今後は三つ巴の戦いが繰り広げられることになりそうです。

・関連記事
「いぶりがっこ」伝統壊滅の危機、改正食品衛生法が少子高齢化の跡継ぎ不足を直撃 | Your News Online

【全リスト付き】日清食品が軒並み値上げ、「カップヌードル」「チキンラーメン」「日清のどん兵衛」も | Your News Online

【今週のサヴァイヴ飯】レバーが苦手な人にこそ食べてほしい「レバーのソース煮」、材料3つで臭みゼロの超栄養食 | Your News Online