「ワタミ」居酒屋コロナ前の450店舗からほぼ半減へ、不採算40店舗が年内閉店に



あのワタミが新型コロナの前で追い込まれている模様です。詳細は以下から。

TBSなどの報道によると、外食大手ワタミが国内に約270店舗運営する「ミライザカ」などの居酒屋のうち、新型コロナの影響で採算が見込めない40店舗を年内に閉店するそうです。


ワタミ運営の居酒屋はコロナ前はおよそ450店舗ありましたが、今回の決定でおよそ半分にまで減少。2021年度上半期の決算で30億円の赤字を計上するなど大きな影響を受けています。

ワタミは現在焼肉業態や寿司業態の店舗を増やし、今月にはミールキット事業にも参入。コロナ禍でも好調な事業の拡大で巻き返しを狙うとのことです。

・関連記事
「食費浮かすため」「時間がない」ランチをまともに取れない社会人が過半数に | Your News Online

労働分配率90年代から低下、バブル崩壊後の「リストラ」今にまで響く | Your News Online

週休3日制、7割超の社会人が賛成も過半数は「給与減るなら反対」 | Your News Online