【速報】原油価格115ドル台でリーマン後の最高値を更新、さらなる値上げラッシュ不可避か



ガソリン代はもちろん、輸入品の輸送費や石油製品など、多方面の価格を直撃することになります。

さらなる値上げラッシュが避けられない情勢となっています。詳細は以下から。

共同通信社の報道によると、3月3日のニューヨーク原油先物相場で、指標の米国産標準油種(WTI)が一時1バレル=115ドル台に乗ったそうです。

これはロシアのウクライナ侵攻を反映したもので、2008年9月以来、約13年半ぶりの高値となり、リーマン・ショック後の最高値を記録しました。

ウクライナ侵攻前の段階で、JPモルガン・グローバル・エクイティ・リサーチは2022年第2四半期に原油価格が1バレル125ドル(約145円)に達する可能性を見込んでいましたが、この予測まであと10ドルに迫っています。

原油価格はガソリンなどの燃料代を直撃するため、国内のガソリン価格の上昇は必至。輸入品や国内流通の価格にも影響がある他、石油製品の価格も無関係ではありません。

日本では全方位的な値上げラッシュがすでに報じられていますが、さらにこの傾向が拡大することになりそうです。

【追記】
東京商品取引所でも3月3日、中東産原油の先物指標価格が1キロリットル当たり7万1630円にまで急騰。リーマン・ショック発生直前以来となる約13年半ぶりの高値を付けました。

・関連記事
【悲報】ガソリンさらなる高騰へ、原油価格35円値上がりで春にも145円台か | Your News Online

原油ついに終値100ドル超える、2014年ぶりの高値に | Your News Online

ガソリン補助金上限15円に3倍増案、高騰続くも「トリガー条項」慎重姿勢崩さず | Your News Online

【悲報】ガソリン高騰抑制策、発動も全然安くならない可能性 | Your News Online