ローソン、おにぎりや調理パンなど最大14%値上げ



原料高の波がコンビニにも押し寄せています。詳細は以下から。

ローソンのプレスリリースによると、同社は3月8日、おにぎりや調理パン、寿司に調理麺などの商品を、2~14%値上げしたそうです。

理由は昨今の小麦や食用油などの原材料の価格高騰に加え、包材や輸送コストなどの上昇、さらにはウクライナ侵攻の発生が決め手となり、安定供給と価格維持が困難になった溜めとしています。

今回値上げとなるのはおにぎり、寿司、調理麺、調理パン、サラダの一部商品。例としてたまごサンドは税込228円から8%値上がりし、246円になります。

一方で調味料や素材食品などの値段は据え置くとのこと。

コンビニでは今月に入ってからセブンイレブンも原材料の高騰を理由にサンドイッチの一部を値上げしたばかり。

今後コンビニ主要3社でさらなる値上げが続く可能性もありそうです。
・関連記事
【全リスト付き】マクドナルド「ハンバーガー」110円→130円など主力メニュー値上げ、ただし8割は据え置き | Your News Online

小麦さらに値上げか、対ロシア制裁強化で先物が9%急騰、トウモロコシ・大豆も高騰 | Your News Online

「ヤマサ醤油」「マルちゃん」値上げも、8割超の企業が恐れる「原料高」状況をまとめてみました | Your News Online