3月の全国消費者物価指数、前年同月から0.8%上昇



賃金が上がらない中、確実に物価が上昇している様子が明らかになっています。しかもこれ、円安前の数字です。

2022年3月の生鮮食品を除く全国消費者物価指数が、前年同月と比べ0.8%上昇したことが分かりました。

これは長引くコロナ禍や昨年からの異常気象による災害などに起因する原油高や物不足にくわえて今年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響が重なったもの。

注意点としては、4月に起こった20年ぶりの円安の影響を受ける前の数字だということです。

アベノミクスでは「デフレからの脱却」を掲げ、「2%の物価上昇率」を具体的な目標とされてきましたが、最悪の状況で物価上昇が実現してしまっています。
・関連記事
【コラム】「消費税19%」はいったい誰が言い出した数字なのか | Your News Online

【?】日経新聞「日銀の物価2%目標が達成できないのは『ゆとり世代』が悪い」 | Your News Online

原油先物一時139ドル台に急騰、欧米のロシア産石油禁輸検討で | Your News Online

輸入小麦4月から17%以上引き上げで過去2番目の高値、「粉もん」さらなる値上げへ | Your News Online