「餃子の王将」が20円以上の値上げ、餃子や天津飯など人気メニューずらり



みんなの強い味方だった餃子の王将、昨今の事情によりついに値上げとなりました。

◆餃子の王将が主力メニューを値上げ



餃子の王将を展開する王将フードサービスは4月27日、主力メニューの餃子や炒飯、天津飯や唐揚げなどを2022年5月14日(土)から値上げすることを明らかにしました。値上げは7年7か月ぶりとなります。

値上げとなるのはグランドメニュー14品と全体の約2割に及び、値上げ幅はそれぞれ税込価格で22円~33円です。

◆原因は原料高や原油高



値上げの原因はこれまでの多くの企業の値上げと同様に原料高や原油高とのこと。
王将フードサービスのプレスリリースでは「昨今の小麦や食用油をはじめとする原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などを受け」とされています。

長引くコロナ禍にくわえてロシアのウクライナ侵攻が大きく響いていますが、今後は円安の影響も加わる可能性が高く、今回の値上げだけで済むかは見通せない状況です。

◆値上げとなるメニュー一覧



致し方ないとはいえ、お手頃価格で愛用していたユーザーには大きな傷手となりました。

・関連記事
3月の全国消費者物価指数、前年同月から0.8%上昇 | Your News Online

輸入小麦4月から17%以上引き上げで過去2番目の高値、「粉もん」さらなる値上げへ | Your News Online

ローソン、おにぎりや調理パンなど最大14%値上げ | Your News Online