トランプ永久追放解除へ、イーロン・マスクTwitter買収で



Twitterはマスク氏買収後、これまで以上にフェイクニュースやヘイトスピーチの溢れる空間になるかもしれません。

マスク氏、トランプ氏のTwitter永久追放を解除へ


米テスラ最高経営責任者(CEO)でありテクノキングでもあるイーロン・マスク氏が5月10日、世界的なSNSのTwitter買収後に現在永久追放となっているトランプ前米大統領のアカウントを復活させることを示唆しました。

英フィナンシャル・タイムズ紙のイベントに登壇したマスク氏は現在のツイッターが「最も悪い状態にある」と指摘。

トランプ氏に対する永久追放措置に対して「永久追放はボットや詐欺、スパムに限定されるべきで、トランプ氏の追放は正しくなかったと思う」と語りました。

マスク氏は「正しくなかった」根拠として「市民の大多数を排除しただけでなく、トランプ氏の発言力を失わせることもできなかった」と意見を表明。言論の自由の侵害に加え、永久追放が「無駄だった」との見解です。

フェイクニュースやヘイトスピーチにより「寛容」になる可能性も


トランプ氏が流布した多数のフェイクニュースやヘイトスピーチに関してはマスク氏は「誰もが自分の意見を述べることができる場でなくなれば、根本的な信頼を損なってしまう」と強調しています。

一方で、一時的なアカウント停止や問題となったツイートの一部を他ユーザーから見えなくする措置は必要だとも語っています。

全体として、マスク氏の買収後のTwitterはこれまでよりもフェイクニュースやヘイトスピーチに対してより「寛容」なSNSとなる可能性が高まったと言えそうです。

現時点でトランプ氏は永久追放が解除されてもTwitterには戻らないとしていますが、将来的には不明です。

またトランプ氏以外のフェイクニュースやヘイトスピーチを流すアカウントが力を強める危険性はどうしても排除できない情勢です。
・関連記事
【コラム】安倍晋三前首相が韓国発カルト「統一教会」巨大イベントで演説、トランプ前大統領まで登場した経緯と歴史 | Your News Online

【コラム】トランプ大統領の「スピリチュアルアドバイザー」に韓国発カルト、統一教会との深い関係 | Your News Online

【ファクトチェック】「米議会に侵入したのはアンティファ」デマが拡散→なぜか日本のトランプ支持者まで爆釣り | Your News Online

「Qアノン」をFacebookが完全排除、トランプ大統領を「救世主」と崇める極右トンデモ陰謀論者集団 | Your News Online

「警察に突き飛ばされた抗議デモの老人はアンティファ工作員で、警察無線を妨害しようとしていた」トランプ大統領の陰謀論が個人攻撃に | Your News Online