【悲報】二酸化炭素吸収1.5倍のスギ、ヒノキ「エリートツリー」1000万本植樹へ



花粉症の季節がまもなく到来しますが、アレルギー持ちにはあちこちかゆくなるニュースも到来です。詳細は以下から。

日本製紙グループが二酸化炭素の吸収量が従来より1.5倍となるスギやヒノキ「エリートツリー」の苗木の生産を本格化することを発表しました。

「エリートツリー」は従来より1.5倍以上成長が早く、葉を大きく広げることで同期間に1.5倍の二酸化炭素を吸収できるというもの。

グループが所有する森林およそ9万ヘクタールに植樹し、森林業者にも販売するとのこと。熊本と北海道、静岡に鳥取、広島、大分でも生産を始めて2030年に1000万本の供給を目指すとのことです。

日本では花粉の少ない品種の開発も進んでいるはずですが、本件については花粉の飛散量についての情報はありません。


・関連記事
砂漠に種をまき緑化する、ウミガメのような超小型ドローンが開発 | Your News Online

最安0円で規格外野菜が買える通販サイト「Osusowake」誕生へ | Your News Online

火の代わりに水を使うエコな新埋葬法「Aquamation(アルカリ加水分解葬)」、ノーベル平和賞の司祭が使い話題に | Your News Online

ケンタッキーが「植物性フライドチキン」発売、健康志向と環境意識の広がり受け | Your News Online