Spotifyワクチン陰謀論めぐりニール・ヤングの抗議や専門家らの抗議書簡もスルーへ、YouTubeと対応分かれる



結果的にSpotifyはニール・ヤングの忠告よりも、人気のポッドキャスト番組を選んだことになります。詳細は以下から。

ベテランロックシンガーのニール・ヤングは1月27日までに、音楽配信世界最大手のSpotifyがコロナワクチンのデマを拡散しているとして配信を望まない意向を表明。

これを受けてSpotifyはヤング氏の楽曲配信を取りやめました。

(Photo by Wikipedia

ヤング氏が問題視しているのはSpotifyが配信するコメディアン、ジョー・ローガン氏の人気ポッドキャスト番組。

ローガン氏がワクチン懐疑論者を取り上げていることをヤング氏は「偽情報を信じた人々を死に至らしめる可能性もある」と批判、番組を配信し続けるSpotifyの姿勢を問題視しています。

この番組には以前も科学者や医療従事者ら270人が「根拠のない陰謀論を振りまいている」と抗議し、Spotify対応を迫る公開書簡も出されていました。

結果的にSpotifyはヤング氏を含む一連のワクチンのデマや陰謀論への抗議を受け入れず、今後もローガン氏の番組を継続することに。

なお、YouTubeは新型コロナ含む全ての「ワクチンデマ」を禁止し、違反者にはチャンネル停止という重い処分を科しています。


コンテンツ配信を担うプラットフォーマーとしての姿勢の違いが鮮明に示された形になります。

・関連記事
YouTube、新型コロナ含む全ての「ワクチンデマ」禁止、違反者はチャンネル停止へ | Your News Online

【注意喚起】「武器持ち込み」「反社歓迎」掲げ、反ワクチン集団が「ノーマスク山手線周回ゲーム」を予告 | Your News Online

【注意喚起】反ワクチン・ノーマスクのトランプ崇拝カルト「神真都(やまと)Q」が拡大、1月23日に次の全国デモを計画 | Your News Online

和歌山県女児の「ワクチン接種後に死亡」デマ拡散、Facebookの反ワクチンカルト野放しが明らかに | Your News Online

コロナのデマや陰謀論、信じる人ほど感染していたと判明 | Your News Online